建物の寿命を延ばす|空間管理は面倒臭い!そこで便利な自動制御

空間管理は面倒臭い!そこで便利な自動制御

婦人

建物の寿命を延ばす

積み木と人形

建物は定期的な改修が必要

会社が活動する時には、賃貸オフィスを利用するのが一般的です。しかし、資金に余裕がある会社は、購入したビルをオフィスにすることがあります。オフィスビルを所有していれば、賃貸料金を支払わなくても済むので、経費削減効果があります。そして、独創性のある内装や外装にすることも可能です。ただし、オフィス用のビルを購入する場合には注意すべき点もあります。それは大規模修繕を定期的に行う必要が生じることです。経年劣化が進行したオフィスビルは、資産価値が下がってしまいます。それは会社にとって大きな損失なので、避けなければならないトラブルです。だから、大規模修繕のサービスを利用して、劣化が進んでいる部分を原状回復します。多少の費用が発生しますが、最も現実的な解決策です。

節税効果が期待できる

大規模修繕が必要なので、一部の会社はオフィスビルを持つことを拒んでいます。大規模修繕で発生する費用は大きいので、その考えを持つのは当然です。しかし、大規模修繕に伴う費用が大きいのは一面に過ぎません。大規模修繕をオフィスビルに施すことによるメリットも存在しています。それは節税効果が期待できることです。所有しているオフィスビルの設備や部品を原状回復した場合、支払った費用が経費として認められることがあります。売上から経費を差し引いた値によって、法人税は決定します。つまり、大規模修繕によって経費が大きくなれば、効果的な節税が実現するのです。大規模修繕はサービスの範囲が大きくなるほど、費用は上昇します。大きなオフィスビルを所有していれば、それに見合う節税効果が期待できるのです。