進化する次世代農業|空間管理は面倒臭い!そこで便利な自動制御

空間管理は面倒臭い!そこで便利な自動制御

婦人

進化する次世代農業

太陽光発電

続けられる開発

メガソーラー発電事業が活性化して以来、農業用地としての土地利用方法から、この発電事業にシフトする傾向が見られました。農業は土地あたりの利益率が低く、より簡単に利益を出せる手段としてメガソーラー発電事業が注目を集めました。そのメガソーラー発電事業と農業は組み合わせ、太陽光を農作物と太陽パネルで分け合うソーラーシェアリングも普及が進められつつあります。このソーラーシェアリングは農業のデメリットと、メガソーラーのデメリットを打ち消し合う事で共存し、メリットを高め合うことが可能となっています。そんなソーラーシェアリングですが、科学的技術の発展とともに、その在り方やスタイルにも進化が見られ、より有用な運用方法や設備も開発されています。

進む発展と有用性の拡大

ソーラーシェアリングはまだまだ認知度も低く、普及も進められてはいるものの、本格的に広がりつつ有るというわけではありません。しかし、今は普及している大規模な太陽光パネルによるメガソーラー発電も、すぐに世の中に認められた訳ではありませんでした。ソーラーシェアリングもメガソーラー発電事業のように、技術進歩による改善や、導入しやすい環境整備によって普及が進む可能性は見込めます。自治体によっては行政側が積極的に導入を目指していますし、研究所では新たな形も模索されています。新しい農業の形として注目を集める、新しいスタイルの水耕栽培や植物工場への導入も考えられています。光合成を促す効果をもたせたシステムが開発されるなど、設備面での改善も続いています。新しい産業の形として、各方面からの期待の高さが伺えます。